毎日の生活改善で血圧をコントロールして、高血圧を予防しよう。
  • HOME >>
  • 高血圧の基礎知識
  • >> 血圧って何?

血圧って何?

高血圧なのはよくないことだと誰もが知っているでしょうが、では、何故いけないのか知っていますか? 漠然としているだけではなく、しっかりとした知識を身につけることが大切なのです。ここではまず、血圧のことについて学んでいきましょう。

血圧のしくみ

血圧のしくみ

血圧は、血管の壁を血液が押す力のことを言います。心臓の働きによって血液に圧力がかかり、その力で血管へ血液を送り出します。動脈を通る血液は、体中の細胞に栄養や酸素を運び、更に静脈から老廃物を回収して心臓に戻ってきます。こうやって血液の循環が心臓によって行われています。

このときに血液が血管を押す圧力なのです。数値は、心臓から出る血液の量と、血管の硬さによって決まります。血圧があがるということは、心臓から出る蹴る液の量が多く、血管の硬さが低ければ低い血圧になるということです。

血圧の数値の上下

血圧は2つの数字で表されます。『上』と呼ばれる数値は、最大血圧(収縮期血圧)、『下』と呼ばれる数値は最小血圧・最低血圧(拡張期血圧)のことを言います。血液が送り出されるときは、心臓が収縮して高い圧力が血管にかかります。最大血圧(収縮期血圧)というのはこのことです。

最小血圧・最低血圧(拡張期血圧)とは、血液を送るために収縮していた心臓が再び拡張子、肺から血液を吸い込むときに、血圧が一番低くなることを言います。上と下の差を脈圧と呼んでいます。

血圧の正しい測り方

血圧の正しい測り方

私たちの血圧は、常に一定ではありません。運動したあと、息がきれてはぁはぁしますね。こんなときは血圧がいつもより高くなっているでしょう。動作や時間、環境次第で血圧は変化するものなのです。入院の経験がある人であればお分かりでしょうが、毎日の血圧測定は、朝方、まだ寝ていて体を動かす前に看護師さんが血圧計を持ってきて測りますね。

正確にはかるためには、毎日同じような時間に、体を動かしていない、リラックスしたときに測るのが一番理想的なのです。ですが、自宅で測定するときはそうもいかないでしょう。なるべく環境を整え、時間を決めて測るようにします。歩き回ったあとであれば、体が落ち着くまで少し座っているようにしましょう。

測定するときのポイント

まず第一に言えることは、測定する前に歩き回ったりするなど、体を動かさないことです。食事をしたあとも、1時間は性格に測れないと考えてください。血圧は、時間によっても変ってきますので、毎日同じ時間に測定することを心がけましょう。測定の仕方は、体に力を入れないでリラックスした状態にし、椅子に腰掛けます。腕に巻いた腕帯は心臓と同じ高さに持ってきましょう。

腕の力を抜いて自然にテーブルや机の上に伸ばし、姿勢をよくして測定します。同じ時間帯に測った3回の平均値を基準に考えます。使用する血圧計は、できれば腕帯を巻くタイプのものが望ましいです。手首や指先で測るものもありますが、体の先に行けばいくほど血圧の変動は大きなものとなりますので、目安として使用するにはかまいませんが、数値を完全に信頼してはいけません。

家庭用血圧計

家庭用血圧計

血圧の測り方には2種類あり、聴診器を使って血圧を測るコロトコフ法と、血流の振動をセンサーでとらえるオシロメトリック法があります。世界保健機関で推奨しているのは、前者のコロトコフ法になりますので、病院などではこの方法がとられています。家庭用として普及しているのは、後者のオシロメトリック法になります。

より正確に測定できるのはコロトコフ法ですが、聴診器や水銀の入った血圧計を用意しなければならず、価格もかなり高くなってしまいます。価格も手ごろでボタン一つで簡単に測定できるオシロメトリック法の血圧計が人気なのもうなずけます。自動で測定した数値を記録する機能のついたものもありますが、できれば腕に巻いて測定するタイプのものを選びましょう。